Blog Archives

血糖値を下げるには運動や食事に気をつけるのが効果的

血糖値が高いと、糖尿病などにかかるリスクが高くなりますね。

またそうなってしまった場合、様々な合併症を引き起こしてしまう可能性が大きくなります。

では、血糖値を下げるにはどういったことが大切なのでしょうか。

日々の生活習慣を改善し、血糖値を正常に保つ方法を調べてみました。

血糖値を下げるには軽い運動が最適

糖尿病にならない為には、適度な運動を取り入れる事が重要なポイントです。

運動と言うとハードにしなければならないと考えがちですが、軽い運動で十分糖尿病を予防することが可能だそうです。

1日や2日だけ運動しても意味はありません、毎日継続して行くことが、とても大事だということです。

運動をする場合は、食後すぐに行う事はかえって良くありません。

食後は心臓に送られる血液の量が少なくなるため、体への負担が大きくなります。

食後1時間くらいたってから、運動を始めるようにしましょう。

また起きてすぐの運動にも注意が必要です。

朝は血液がドロドロの状態なので、そのまま運動してしまうと心筋梗塞などの危険があります。

運動をする前にかならず水分を補給するのが良いでしょう。

お勧めの運動は、ウォーキング等の軽い有酸素運動です。

血液中の糖分がエネルギーに変わり、血糖値を下げてくれる効果があります。

膝や腰に痛みがある方は、負担をかけないような、プールでの水中歩行が足腰の負担を軽くしてくれるのでお勧めです。

毎日出来れば良いのですが、無理な場合でも1日おきにやってみることをお勧めします。

無理のないように少しずつ始めて、継続させていくことが大事です。

血糖値を上げない食事

食生活も血糖値を下げるのにとても重要ポイントです。

炭水化物をたくさん食べたり、食事を食べ過ぎてしまうのは血糖値が上がってしまうので気をつけましょう。

なるべく腹八分目を心がけるようにするのが良いようです。

和食中心にしていれば、大丈夫な気がしてしまいますが、和食は意外に炭水化物が多く使われているので、注意が必要です。

炭水化物が血糖値を上げてしまうからといって、控えすぎてしまうのも、今度は逆に脂質を摂り過ぎてしまう傾向があるので、バランスよく食べるように心がけて下さい。

また食事の時の順番も大切です。

炭水化物の消化吸収を防いでくれる食物繊維を一番最初に食べておくと、血糖値が上がりにくくなります。

サラダ等で野菜や、海藻類、キノコ類等を最初に食べておき、その後に肉や魚、ご飯はなるべく最後の方で食べるようにするといいそうです。

酢やオリーブオイルは、血糖値の上昇を抑えてくれる効果があるので、お料理に使うようにすると良いでしょう。

急いで食べず、ゆっくりとお食事を楽しみながらよく噛んで食べるのも効果的です。

血糖値を下げる方法、如何でしたでしょうか。

日々の運動や食生活の改善で、糖尿病のリスクがかなり減ります。

無理をしないで、出来ることが少しずつ始めてみてくださいね。