ちょい悪オヤジのファッションについて

Posted on 12月 2, 2014 | Category :おすすめ | ちょい悪オヤジのファッションについて はコメントを受け付けていません。

ちょい悪オヤジのファッションを一言で表すと、「クラシコイタリア(イタリアントラッド)を着崩したスタイル」です。

では、どうしたらチョイ悪オヤジファッションができるようになるのかというと、まずは基本を押さえる必要があります。

ちょい悪オヤジのファッションの基本は、いわゆる「ジャケパンスタイル」ですから、どのようにテーラードジャケットを着こなすかという所から考えていきます。

気を付けてほしいのは、「最初から狙っていくのはNG」ということです。

基本を知らずに着崩しても、だらしなくなるだけということが多いからです。

なので、まずは正しい着こなしを知ることが大切です。

例えば、「ドレスシャツの下にインナーは着ない」「ノーネクタイの時は、ボタンを二つ開ける」「ジャケットのいちばん下のボタンは留めない」「パンツは腰履きをしない」など。

そして、シルエットも重要です。

バブル世代はボックスシェイプが主流でしたが、これは完全にオヤジの象徴なので、ちょい悪を目指すなら、ジャケットやパンツのみならず、ドレスシャツもタイトな物を選びましょう。

とはいえ、極端に細身の物にする必要はありません。

あくまで、体に合ったサイズの物にしてください。

そして、ちょい悪オヤジファッションの代表的なアイテムとして挙げられるのが、「ダブルのジャケット」です。

ダブルというと、すぐにオヤジというイメージが浮かんでしまいますが、最近は若い人の間でも流行っており、上手く使えば受けのいいスタイルを作り出すことができます。

そのためのポイントは、「ウエストの絞り」「短めの丈」「小さめのVゾーン」の三つです。

ウエストが絞ってあれば、ボックスシェイプにならないのでオヤジくさくなりませんし、丈も短めが現代の主流です。

むしろ、ダブルのほうが短めの丈でも違和感がないという意見もあります。

Vゾーンは、これもバブルの時は広めの物が流行ったので、その反動として現在は小さめの物が主流となっています。

Comments are closed.