カラコンの安全性について考えてみる。

Posted on 3月 2, 2016 | Category :おすすめ | カラコンの安全性について考えてみる。 はコメントを受け付けていません。

カラコンは若い女性を中心に人気を集めている、ロングセラー商品です。

しかし、その一方でカラコンは目に悪いと嫌われている面もあります。

果たして、本当に目に悪い商品なのでしょうか?また、カラコンのトラブルはあるのでしょうか?ネットの記事を読むと、カラコンでトラブルにあった人は2割ほどいるらしいです。

そのトラブルは「眼球に傷がついた」、「目やにが出る」、「ぼやけて見える」などです。

こういった事例があるので、カラコンは目に悪いと嫌われる面があるのです。

しかし、8割の人はカラコンのトラブルがありません。

この数字は、カラコンだけではないように思えます。

どんな商品やお店でも、悪い印象を受ける人は必ずいます。

大多数の人が良いという物でも、悪い印象を持つ人はいるのです。

そのため、カラコンだけがトラブルを起こしやすいとは言えないと思います。

ただ、カラコンは若者がファッション感覚でつけているというだけで嫌な印象を持つ年配の人もいます。

まるでコギャルの厚底ブーツやヘソだしルックみたいな感じです。

では、なぜ2割の人はトラブルを避けられなかったかです。

8割のカラコン成功者と、2割のカラコン失敗者はなにが違うのでしょうか?2割の失敗者は、カラコンの扱い方に問題があるように思えます。

きちんと消毒しない、使用期限を守らない、装着時間が長すぎる、目の調子が悪い時もカラコンを装着している、カラコンを装着したまま寝ている‥。

これらはトラブルの元です。

また、眼科の定期検診を受けていないというのも考えられます。

きちんとした扱い方ができていない場合、目に異常が見つかる可能性があります。

それは充血やめやになどの目に見える異常ではなく、目にキズがあるなどの検診でしか分からない場合もあります。

きちんとしたカラコンの扱いをしていないのに、眼科の検診にも行かないからトラブルが起こるのです。

きちんと利用すれば、8割の安全なカラコンの度ありで成功者になれるのです。

Comments are closed.