私が二重になった方法と失敗だった方法

Posted on 5月 1, 2016 | Category :おすすめ | 私が二重になった方法と失敗だった方法 はコメントを受け付けていません。

二重まぶたにする方法は、アイプチ・二重テープ・整形手術等の様々な方法があり、私が二重になった体験談やお勧めの方法をご招待します。

私が二重になったのは、二重テープ・美容整形の埋没法で、今回はこの二つと失敗だった方法をご紹介します。

二重テープ

二重テープは、半透明か肌色の少し硬いテープをまぶたに貼り付け二重にする方法す。

まぶたの薄い私の場合は二重テープを貼ってしばらくするとテープを外しても二重が持続するようになりました。

しかし、それは元々奥二重だった片目だけで、完全に一重だったもう一方の目は二重になりませんでした。

二重テープで奥二重が二重になった事を友人にも話した所、その友人も私と同じように二重テープを使いましたが、友人は厚ぼったい平安貴族のようなまぶただったため、二重テープの効果は無く、結局は元々使っていた2000円位する強力なアイプチを使う事になりました。

二重テープは、まぶたが薄い方や奥二重には向いているかもしれませんが、まぶたが厚い人には微妙だと思います。

二重埋没法

二重テープを使って片目は二重になりましたが、どう頑張ってももう片目は一重のままで、左右の目の大きさが全く違うアンバランスな状態になってしまいました。

普段はスッピンで歩く事が多いため、この状態は少し微妙だと思い、もう片目も二重にしたいと思いリッツ美容外科で整形手術をする事になりました。

6年前に二重埋没法を行いましたが、今もきれいなラインの二重で結果には満足しています。

また、アイプチやテープのように見栄えが悪くなったり、人に気づかれたりしないので、二重埋没法を行って良かったと思います。

失敗だった方法

奥二重を二重にする方法でアイプチは有名ですが、アイプチには注意が必要です。

その理由は、アイプチの液には皮膚や目に悪影響を及ぼす物があり、私と友人が同じ商品(名前は忘れました)を使った時に二人そろって「めばちこ」になってしまった事があり、私は自然に治りましたが友人は「めばちこ」を取る眼科での手術が必要になりました。

その手術がきっかけで友人は「厚ぼったい一重が少し奥二重になった」と喜んでいましたが、「これなら整形手術をした方が良いのでは?」と感じました。

まとめ

二重にする方法としてはアイプチが人気ですが、アイプチは皮膚に接着剤を付けるので皮膚や目への悪影響が懸念されます。

きれいな二重を望む人やテープを試してもダメだった人、長期間アイプチをしているなら美容整形で二重にする事を検討してみて下さい。

Comments are closed.