今からでも遅くない!この夏ビタ男が熱い!

女性だけではなく、男性だってお洒落でかっこよくあるためにファッションに拘っている方もいらっしゃいますよね。

どんなにかっこいい服装でも、似合わなければ意味がありませんから、勿論自分に合ったものを選ぶのが一番なのですが、やはり流行やかっこいい服装は押さえておきたいですよね!そこで今回はこの夏押さえておきたいビタ男をご紹介します!【ビタ男とは】そもそもビタ男とは何かと言う点ですが、BITTERという男性向けファッション誌で紹介されているようなコーディネートを楽しむ方、或いはBITTERを読んでいる方を指します。

つまり、ビタ男とはBITTER愛読者だと言っても良いかもしれませんね。

【BITTERとは】先の項目でビタ男についてご紹介しましたが、ではBITTERとは何かと言う点についてご紹介しますね。

BITTERは20代を中心とした男性向けファッション誌で、武骨ではなく、センスと色気を求める男性に好まれています。

ビターでアウトローな20代男性向けのファッション誌なんですね。

【ビタ男ファッションのポイント】草食系など、爽やかで柔らかい印象を与えるコーディネートとは真逆で、ワイルドで男臭い印象のコーディネートがビタ男ファッションですが、あまりゴテゴテし過ぎてはくどいだけになってしまうので、主張はしつつも不要なものは削った方がセンスが光ります。

勿論好みはありますが、ワイルドで男らしい感じに惹かれる女性は多く、女性受けが良いことも男性には嬉しいポイントですね。

【最後に】季節を問わずに取り入れられるBITTER通販ですが、やはり男らしさやワイルド感を演出するには夏が一番良いのではないでしょうか。

夏はワイルドに決め、秋には少し落ち着いた余裕のある男を演出するなど、季節ごとにほんの少し違ったニュアンスで男らしさを演出して、女性に「守られたい」と思わせる男性を目指してみては如何でしょうか?新しいファッションを取り入れることで刺激を得つつ、素敵な恋も手に入れられると良いですね!

ミネラルファンデーションは汗で崩れない?

ミネラルファンデーションは肌に軽く乗って、軽やかなファンデーションという場合が多いです。

軽い仕上がりがメリットのファンデーションなんですが、軽い仕上がり=汗や皮脂に弱いと思っている人も多くいます。

そこで、ミネストローネファンデーションって、汗や皮脂に弱いの?という事について紹介します。

これから暑くなる季節なので、ぜひ汗とミネラルファンデーションについて参考にして下さいね。

ミネラルファンデーションは汗に強い?弱い?

ミネラルファンデーションは、汗に強いファンデーションです。

その理由は、パウダー状のファンデーションだからです。

パウダーには、油分や水分が含まれていません。

そのため、肌につけても滲んでしまったという事がないのです。

しかも、ミネラルファンデーションは毛穴に入り込まないファンデーションです。

汗は、毛穴から出てきますよね。

毛穴を塞がないファンデーションだからこそ、汗が出ても大丈夫なんです。

また、ミネラルは汗に強いという性質もあるので、汗に強いミネラルファンデーションおすすめなんです。

たくさん汗をかいたら、水やお湯でオフ

ミネラルファンデーションは汗に強いファンデーションではありますが、スポーツをしてたくさん汗を流すとファンデーションがとれる可能性はあります。

また、汗をかいたらファンデーションがついていない肌でも気持ち悪くなりますよね。

ファンデーションがついている肌ならば、ファンデーションを落としたいとも思うはずです。

日中、ファンデーションを落としたいという時でもミネラルファンデーションは便利です。

なぜなら、クレンジングオイルを使わないで落ちるのがミネラルファンデーションだからです。

お湯や水でファンデーションを落とし、また一からファンデーションをつけ直せば再びきれいな肌になります。

ファンデーションを落とさないで、化粧直しだけしたいという時でも、ミネラルファンデーションはブラシで軽くつけるだけなので化粧直しが楽です。

化粧崩れをしないとは限らない

汗に強いミネラルファンデーションですが、化粧崩れをしないとは限りません。

化粧が崩れる原因というのは、汗もありますが皮脂もです。

ミネラルファンデーションは皮脂に吸着するファンデーションではありますが、それでも限界があります。

そのため、化粧が崩れたらきちんと化粧直しをしましょう。

化粧直しをする時は、ファンデーションをつける前に乳液や化粧水で肌に潤いを与えてあげると、化粧直しが上手にできます。

まとめ

今までの事をまとめると、ミネラルファンデーションは汗に強いファンデーションです。

だけども、汗に強いからといって化粧直しがいらないとは限りません。

時間が経てばファンデーションはヨレたり、崩れたりします。

そのため、夏にミネラルファンデーションをつけているから大丈夫という事ではなく、化粧直しは昼や夕方にしっかりとやっておきましょう。

ファッション初心者にも使いやすい小物アイテム「スヌード」

メンズ・ファッションで他の人と差を付けるのに大切なのは「小物使い」。

柄やデザインが多様なレディースと比較してメンズはシャツやボトム等の各アイテムのデザインは基本的にシンプルであるため、小物を上手に取り入れることで定番コーディネートがグンとランクアップします。

とは言え、アクセサリーの類はファッション・スタイルによっては似合わないものもありますし、抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。

またメンズで人気の高い小物である巻き物「ストール」ですが、「巻き方が難しい」「すぐにほどけて、かっこ良さを維持できない」ということで、なかなか手が出せない人もいるようです。

そんなストールやマフラー類の巻き方に難儀しているファッション・ビギナーにもおすすめなのは「スヌード」です。

マフラーやストールのように細長い形をしていますが、両端が縫い閉じられて輪のような形になっています。

元々はイギリス北部の伝統的な衣裳であるヘアバンドが原型となっているのですが、2009年~2010年のパリ・コレクションにて各ブランドがレディース・メンズ共にスヌード・スタイルを提案し、日本でも爆発的なヒットとなりました。

現在においてもこの人気は衰えず、手軽に巻ける定番アイテムとなっています。

スヌードはショートタイプのものならば一重のまま、頭から被るだけでOKですし、ロングタイプのものならば二重・三重に巻いてボリュームも出すこともOK。

ゆるく巻いてもほどけてしまうことが無いので、自転車等アクティブな動きをする人でも付けることができます。

大人の40代男性洋服を狙うのであればあまりピッタリと巻かず、ゆるめの二重がさらりと一重に巻いて、シンプルな装いのポイントとするのがおすすめです。

冬物であればニット素材のもの、春・夏にはコットンやリネン等、涼し気な素材を選ぶことでコーディネートに季節感もプラスできますね。

普段はベーシックなカラーや無地のアイテムがほとんどという人ならば、敢えてスヌードにはポイントとなるカラーや柄を選んでみるのも良いでしょう。

ホットヨガ体験記

私がヨガを始めたのは、体の不調を改善するためです。

ヨガは動きこそゆっくりですが、ポーズを続けていくことで体の柔軟性が上がり基礎代謝を上げ、冷え性などに効果があります。

最初は個人で開催しているヨガ教室にかよっていたのですが、そこの先生が産休に入られ、産休中に通える代わりのヨガ教室を探していたら、体験レッスンのある東京ホットヨガスタジオがあることを知り、さっそく入会し、ホットヨガタジオの講座を受講しました。

スポーツクラブのいいところは、年会費で様々な専門スポーツが楽しめることで、ホットヨガも本格的なスタジオを利用することができました。

ホットヨガ講座は毎回満員で、人数制限があるため早めにいって予約を入れないと入れないほど人気なのです。

ホットヨガと普通のヨガの違いは、なんといってもその暑さです。

温度が高いだけではなく、湿気も高いため、少し動くだけですぐに汗をかいてしまいます。

けれども、最近の暖房・冷房が効いた部屋にいることが多いので、こうしてホットヨガでたっぷりと汗をかくことは大事なことだと思います。

大量の汗をかくホットヨガで必要なグッズがいろいろあり、まず一番大事なのが水分です。

暑い中で体を動かしますので、最低でも500ml程度の水やスポーツドリンクを用意して、ポーズの合間にこまめに水分補給をします。

熱中症と同じく、喉が渇く前から水分をとっておかないと、途中で気分が悪くなってしまうこともあります。

それと、大事なのはタオルと着替えです。

冬でもホットヨガを行うと大量の汗をかくため、必ずフェイスタオル二枚程度と着替えを持っていかないと、体を冷やしてしまいます。

ホットヨガはスタジオやコースによってレッスン時間が異なりますが、だいたい30分から1時間くらいが多いので、まだ慣れていない時は無理をせず、ポーズがきついと感じたら休みをいれたり、暑さに耐え切れなくなったら、先生にことわって外に出るなどして、自分で体調をコントロールすることが大事です。

遊び心で受けた査定で車が売れました

お金が貯まったので車を買い替えたいと思いました。

買い替えるとは言っても軽自動車です。

買い物に行ったりするときに使う普段の足として使っていた車です。

10年以上も乗り車検が来る年だったのでその前に買い替えたいと思っていました。

最近は燃費のとても良い軽自動車が出てきているのでそういう車に買い替えたいと思っていたのです。

そこで、それまで乗っていた車は廃車にしようと思いました。

でもそのとき私のなかにちょっとした遊び心のようなものが出て買取査定を受けてみるのも面白いなと思ってしまいました。

インターネットを使っていたとき車の一括査定の広告を見たことがあったのです。

査定は無料だというので受けてみるのも面白いと感じました。

ネットで検索するとすぐに中古車買取査定が出てきました。

そのなかで名前を知っていた会社のサイトを利用して査定を申込みました。

サイトの記入欄に車のグレードなどちょっと判らないことがあったので、車検証を見ながら正確に入力していきました。

記入が終わり申込みが終わるとすぐに数社の中古車業者さんから電話が掛ってきました。

本当に電話が掛ってくるのが早くてとても驚きました。

その後、週末に予定をあわせて数社の中古車業者さんに同じ時間に来てもらい合同で車の査定をしてもらいました。

違う会社の何人もの査定係りのひと達が一緒に車を見ている光景はちょっと面白かったです。

私は車のシートに買ったときからカバーをしていたのですが、査定係りのひとりから「シートが日焼けしていなくて良い状態ですね」と言われ、良い気分になりしまた。

さて、査定結果ですが、私は本音では売れなくても仕方ないと思っていました。

古い軽自動車で車体には傷のある個所もありました。

ところが査定をしてくれた業者さんはみんな買い取りたいと言ってくれました。

そのなかで5万円で買い取ると言ってくれた業者さんがいて、それが最高額だったのでその業者さんに買取ってもらうことにしました。

遊び心で受けた査定で車が売れて本当に嬉しかった出来事でした。

増えていくアウターたち

女性は大変だと思います。

ファッションにはその年その年でブームがあります。

着る服も種類が多いです。

そのためたくさん買わなくてはなりません。

女性は大変だと本当に思わされます。

それに対して男は楽です。

いろいろ考えなくて良いですし、お金もかからなくて良いです。

男に生まれて良かったと思わされます。

そんな私ではあるのですが、よく考えてみたらそうでもなかったかもと思わされることがありました。

昨年の年末、大掃除をしました。

その時、押し入れの中にあるタンスの中身を全部出して整理をしてみました。

そして私は驚いてしまいました。

アウターがたくさん入っていたのです。

ダウンジャケットに、ダウンのベスト、Pコートにショールカラーコートのコート、ブルゾンとたくさんの種類のアウターが出てきました。

それぞれには思い出が詰まっています。

例えば、ブルーのダウンジャケット。

ブルーと言っても水色に近い色をしています。

私のよく着る服はだいたいが黒や茶色と言った地味な色のものです。

にも関わらず買ったこの色は私にとって一つのチャレンジでした。

しかし、友人や彼女には「似合っているね。

」と言ってへとてもうれしかったのよく覚えています。

Pコートは二週間ほど悩んだ末に購入したものでした。

イメージに合うものと探していたら懲りすぎてしまい、なかなか満足できるものが見つかりませんでした。

そんな中ようやく見つけることができた一着でした。

買ったその年はうれしくていろんな所に出かけたのをよく覚えています。

ですが、押入れに入っていたということはいずれも今は着ていないということです。

今はユニクロで買ったとても軽量のダウンジャケットを着ています。

アウターを全部見ていると、それらはそれぞれ買った年が違うことが分かりました。

しかもちょうど一年ごとに違っています。

男なので、大人の男性服にはお金をかけないと思っていた私ですが、毎年違うアウターを買っていました。

意外と自分もおしゃれにこだわっているのかもしれません。

分かりにくい水素水比較はランキングサイトをチェック

水素水が話題になっていますが、たくさんの商品が出ていますのでどれを選べばよいのか分からないという方も多いです。

比較すべきポイントやそれぞれの商品の特徴などを知りたかったら、水素水はランキングサイトをチェックすることで簡単に調べることができます。

水素水で一番気になることは、水素が本当に入っているのかどうか、入っているのならどのくらい含まれているのか、と、いったことです。

水素は地球上で最も小さな元素であるため、どのような容器に入っているタイプのものを選んでも少しずつ抜けてしまうという事情があります。

そのため、しっかりと水素が配合されているものを選ぶためには様々なポイントをチェックする必要があります。

一番水素が抜けにくい容器はアルミパウチです。

また、時間の経過と共に抜けてしまう量が増えますので、新鮮なものを選ぶことも大切です。

利用目的に合っていることも大切です。

健康目的や美容目的など、使われている水の種類が目的に合っているかどうかについても比較しておきましょう。

せっかく体に良い水素水を飲むと決めたなら、継続することが大切です。

継続するためには値段のことも大切なチェックポイントになります。

また継続のしやすさという点を考えても定期購入などのシステムを利用したほうがメリットがあります。

水素の抜けが少ない、フレッシュなものを定期的に届けて貰うことができれば便利です。

安全性のチェックについてもしっかり行いたいものです。

そのためには、ランキングサイトや比較サイトなどの情報や口コミなどの情報、ホームページなどの情報が参考になります。

サポートがしっかりしているメーカーのほうが、安心して利用することができますので、その辺についても比較してみることが必要です。

ランキングサイトを参考にするといっても、人気の高いメーカーのものを選べばよいというものではありません。

中身についてしっかりチェックして、利用目的に合っていて予算内で利用できる、信頼できるメーカーのものを選ぶとよいです。

ホットヨガスタジオlavaのメニューとさまざまなサービス

ホットヨガスタジオlavaは、2004年のオープン以来、時代のニーズに合わせて多様なメソッドを取り入れてきました。

さまざまな悩みをダイレクトに解消するプログラムや通いやすいシステムが多くの女性に支持されて、日本最大級のホットヨガスタジオになりました。

lavaが提供しているさまざまなメニューのうちの幾つかをご紹介しましょう。

ホットヨガは暖かい環境でたっぷりと汗をかいて老廃物を排出させ、代謝の向上とデトックス効果で体質改善が実現できます。

全てのレッスンの基本となる「ヨガベーシック」は、よりホットヨガの効果を実感できるプログラムです。

リンパの詰まりやすい部位を中心に発汗を促して、むくみの解消とリラックス効果がある「リンパ+ヨガ」、便秘に着目した「腸内デトックスヨガ」、むくみ改善とお腹の引き締め効果にある「バスタオルダイエットヨガ」も人気です。

骨盤調整ヨガや美脚ヨガ、うるおい美眼ヨガなど、より目的を絞ったプログラムもあります。

その他のサービスとして、セルライトと局部脂肪をケアするエンダモロジー、活性酸素を除去する水素水サーバー、身体の芯からリフレッシュできるハーブスパを提供しており、レッスンと組み合わせて相乗効果が期待できます。

ホットヨガスタジオlavaでは、入会前に体験レッスンを受けます。

完全予約制、全店・全メニュー共通で1人につき1回受講となっています。

体験当日に入会すると、入会金とマンスリーメンバー登録金が無料になり大変お得です。

入会後の通い方には、定額で月に何度でも通えるマンスリーメンバーと、全店共通の回数券をその都度使う方式があります。

マンスリーメンバーには、利用店舗や時間帯などにより幾つかの種類があり、販売種別と料金体系は店舗によって異なります。

lavaでは、WEB予約サービスを提供しています。

24時間受け付けていますので、いつでもどこからでも約やキャンセルを行えます。

どんなホットヨガスタジオの人気が高いのかなども含めWEB上で、検索できるのでスピーディーに予約できます。

世界の焼肉料理について

世界中で肉を焼いた料理は愛されていますが、それぞれお国柄や、生活習慣が出ていて興味深いです。

例えば、カナダのファーストフード店には、 モーニング・ステーキというメニューがありました。

聞けば、「朝食用なので、目玉焼きがついている」との事で・・・。

 朝からステーキとは、私達日本人がステーキに抱くイメージとは、かなり違った感じですよね。

また、その肉は、やっぱり私達が期待するものとは違っていました。

それなりの店で食べれば、美味しい肉の場合もありますが、ファーストフード店のステーキなどの場合は・・・。

本当に「歯がたたない」物まであります。

アメリカの、メキシコ国境近くの町で食べたステーキは、ゴム製のサンダルの様に硬くて、水分がほとんど感じられない代物でした。

お客さんにご馳走になった為に残すに残せず、無理やり噛んで飲み込みましたが、帰国してから歯医者に言ったら奥歯が一本、割れていました。

あの肉を日常的に、普通に食べているアメリカ人の、顎の丈夫さは信じられないほどですね。

アメリカでは、あれこそが「美味しい肉」であって、日本で珍重される様な柔らかな霜降り肉は、全く人気が無いそうです。

また、海外に行って驚くのは、料理の量の多さでしょう。

焼肉・ステーキ情報にもあったのですが肉料理を取ると肉ばかり、サラダをとっても肉ばかり・・・本当です。

ものすごい量の野菜と一緒に、ものすごい量の肉も来ます。

サラダを注文すると「チキンか? ビーフか?」と真顔で聞かれるから驚きます。

肉が入っていない場合は、チーズや、こってりしたドレッシングが大量にかかっているので、日本人はこれだけで腹がいっぱいになってしまいます。

無論、そういう事態を避ける為に、「アメリカで敢えて韓国料理屋に入る」様な事も可能です。

中国、韓国の人は、たいていどこの国にも居て、食堂などを開いていますから、そこで食べれば「知ってる味」「知っている量」の食事にありつけます。

上海の韓国料理店で、焼き肉ランチを食べた時は、心の底からしみじみ美味しいと感じました。

何よりも、食べるのが楽なんですね。

頑張って噛まなくても良いワケですし。

ただ、やはり中国の肉は、日本の肉よりもクセが強く、より獣臭い感じでした。

あれは気になる人は気になると思います。

やはり「焼き肉なんて、どこの国で食べても、焼いた肉の味しかしない」というワケには行かない模様です。

寧ろ、シンプルな料理だからこそ、国の特徴や、文化の様相がハッキリと出てしまうのでは無いでしょうか?

ちょい悪オヤジのファッションについて

ちょい悪オヤジのファッションを一言で表すと、「クラシコイタリア(イタリアントラッド)を着崩したスタイル」です。

では、どうしたらチョイ悪オヤジファッションができるようになるのかというと、まずは基本を押さえる必要があります。

ちょい悪オヤジのファッションの基本は、いわゆる「ジャケパンスタイル」ですから、どのようにテーラードジャケットを着こなすかという所から考えていきます。

気を付けてほしいのは、「最初から狙っていくのはNG」ということです。

基本を知らずに着崩しても、だらしなくなるだけということが多いからです。

なので、まずは正しい着こなしを知ることが大切です。

例えば、「ドレスシャツの下にインナーは着ない」「ノーネクタイの時は、ボタンを二つ開ける」「ジャケットのいちばん下のボタンは留めない」「パンツは腰履きをしない」など。

そして、シルエットも重要です。

バブル世代はボックスシェイプが主流でしたが、これは完全にオヤジの象徴なので、ちょい悪を目指すなら、ジャケットやパンツのみならず、ドレスシャツもタイトな物を選びましょう。

とはいえ、極端に細身の物にする必要はありません。

あくまで、体に合ったサイズの物にしてください。

そして、ちょい悪オヤジファッションの代表的なアイテムとして挙げられるのが、「ダブルのジャケット」です。

ダブルというと、すぐにオヤジというイメージが浮かんでしまいますが、最近は若い人の間でも流行っており、上手く使えば受けのいいスタイルを作り出すことができます。

そのためのポイントは、「ウエストの絞り」「短めの丈」「小さめのVゾーン」の三つです。

ウエストが絞ってあれば、ボックスシェイプにならないのでオヤジくさくなりませんし、丈も短めが現代の主流です。

むしろ、ダブルのほうが短めの丈でも違和感がないという意見もあります。

Vゾーンは、これもバブルの時は広めの物が流行ったので、その反動として現在は小さめの物が主流となっています。